<

Entries

18、整備中の台が多いワケ

台やホール設備の性能が進化しているので、以前と比べれば機械トラブルは少なくなっています。

10年ぐらい前までは長期稼働している台は、呼出ボタンで呼ばれてよく玉飛び(バネ)調整をやりま

した。

三洋の大工の源さん・ギンパラ・ニューロードスター・海物語などはハンドル裏の玉を打ち出すハンマー

が当たるゴムをドライバーで外し向きを変えて擦り減っていない面を上にしたり、擦り減ったケタグリ(ハ

ンマーと連動して動くプラスチック部品)をラジオペンチでワッシャーを外して交換したりしていました。

最近は玉飛び調整をするにしても、カセット(上皿の奥にある部品)やレールを清掃する程度でドライ

バーやラジオペンチなどの工具を使っているのを目にすることはありません。

台の性能が良いのでその程度で状態が改善されることが多いのですが、それ以上を望むと台の構造も

複雑になっているので調整や部品交換が困難になります。

まして台や設備の不具合が少なくなっているので、若手の社員はトラブルに慣れていません。

営業中に部品交換が可能な時代は、台を整備中(電源を落として遊技できない状態)になるべくしないよ

うに店長から言われていました。

今は営業中に部品交換できないうえ、台の構造上調整や修理も困難で社員のスキルの低下も重なり、

整備中の台が多くなっていると思われます。

セル盤に付いている基盤などの部品はホールに在庫がなく、メーカーに発注するので部品到着まで1~

2日かかります。

台枠に付いている部品は同メーカーの同型であれば代用が効くので、ホールに在庫がなければ稼働が

悪い機種から部品を外し、故障台の部品と交換して稼働が悪い機種を整備中にすることもあります。

そのため前日の閉店まで稼働していた台が翌日の開店から整備中になっていることもあります。

また部品によっては交換する際に警察に変更承認申請書を提出して、承認を受けなければならないの

で整備中の期間が長くなります。


パチンコ・スロットブログランキングが見れます。
↓応援お願いします。

パチンコ

インフォカートに登録されているパチンコマニュアルが見れます。
ダウンロード販売と人と人をつなぐコミュニティ・コマースのインフォカート

関連記事
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://motofukuten.blog.fc2.com/tb.php/37-5d2f5d9c

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

元ホール副店長にしてパチンコ勝ち組。 さらに誕生日が2月22日でフィーバーしてます!

motofukuten

Author:motofukuten

パチンコは趣味ではなく副業です。 そしてパチンコはギャンブルではなく球技です。 って、スベリました?(笑) しかしパチンコだけにスベリもありですね。

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログランキング

パチンコ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
パチスロ